おまかせ・安心内容証明のポリシー

おまかせ・安心内容証明に関する当事務所のポリシーです。

メール相談

当事務所では、電話によるご相談は受け付けておりません。口頭による言い間違いや聞き間違いを防ぐためです。ご相談の際は、メール、FAX、郵送などにてお願い致します。
・内容証明通知作成のみならず、その後の対応についても出来る限り相談に乗らせていただきます(相談料などはかかりません)。場合によっては内容証明を使わない方が良いと思われるケースもあり、その場合は、はっきりそのようにお伝えしています。

低価格

・あまり高額ではない債権の回収などで困っておられる方のために、思い切った低価格を設定しました。

・低価格の理由
通常1万円〜3万円前後かかる内容証明通知作成の費用がセルフコース3,780円、おまかせ安心コース6,800円と、事務所として低価格を維持できているのは概ね以下の理由によると考えています。
1.電話受付、相談を行っていない事
2.面接相談も行っていない事
3.メールチェック及び返信については、基本的に1日1回とし、集中して業務を行っていること
 (状況により複数回回答を行なう場合もございます)
4.内容証明通知に集中することで効率化を図っていること
5.事務所では複数の企業の顧問業務も行っており、そちらで相応の収入があること

・ヴェルニー行政書士事務所の考え
内容証明通知は、いろいろな問題を解決するのに有効な手段ではありますが、不在やあてどころ不明などの理由で相手に届かない可能性もあり、法的な強制力がないなどの限界もあります。これは、弁護士の先生であろうと行政書士であろうと、どこの事務所が扱っても変わりはありません。そうしたサービスに1通当たり何万円もの料金がかかるのは高すぎるのではないかと考えております。更に、例えば5万円程度の案件に費用が何万円もかかり、それで必ず解決するという保証が無いのでは比較的少額の債権、例えばアルバイト賃や友人への貸金の未払、チケットのオークション詐欺などの被害者にとって非常に使いづらいものになってしまいます。
もちろん当事務所では、数千万、数億の案件でもきちんとした法的根拠と実務経験により問題解決のためにそん色のない通知書を作成します。大金がからむ案件であれば弁護士の先生も頼めますが、少額の金額についての被害者で自分だけでは解決できない問題を抱えている方々のためにもこうした サービスがあっても良いのではないかと考えております。

郵送手続まで代行

・行政書士もサービス業ですから、極力、ご依頼人様の手間をはぶき、良いサービスを提供したいと思いました。

全て行政書士本人が一から原稿を作成

・原稿は、全て行政書士が最初から最後まで責任を持って作成しています。最後に、職員が誤字脱字などをダブルチェックし,電子内容証明通知システムにより郵送手続きをとります。

ご依頼人様のお気持ちを大切にする

・ご依頼を頂いても、事前にご依頼人様に原稿をチェックいただき、最終OKが出るまでは郵送手続を取りません。加筆・訂正も何度でも無料で対応します。有効性はもちろんの事、できるだけご依頼人様のお気持ちにそった通知書を作成するためです。

行政書士としての職分を守る

・行政書士は、弁護士と異なり、業として(仕事として)法的助言をしたり、法的な争いについて相手と交渉したり、ご依頼人様の代理人になることはできません。あくまでも行政書士としての職分を守った範囲で業務に取り組ませていただきます。