コラム

自分の希望した家族に財産を渡すために 家族信託の活用法

 例えば、先祖代々から引き継がれている財産の所有者Aさん、長男Bさん、Bさんの妻、次男Cさんがいるとしよう。
 Aさんは財産を初めにBさんに相続させ、Bさん死亡後は妻には相続させずに次男Cさんへと、直系血族に渡したいと考えている。

 そこで家族信託を利用し、来世も守ってほしい財産として、Aさんを財産を託す人、Bさんを託された財産を管理する人、CさんをBさん死亡後に財産を管理する人、とする契約を結ぶ。

ここで以下のように規定しておくことがポイントだ。
(1)財産は譲渡禁止である
(2)財産は相続によっては承継されない
(3)財産の管理義務は管理者の死亡によって消滅し、次の管理者に管理義務が移行する
この契約の主なメリットはBさん死亡後、財産をBさんの妻に渡さず、Cさんに渡すことができることだ。

 相続の場合、配偶者は常に相続人となり、財産の相続権を持っている。そのため、配偶者が遺留分減殺請求(=自分の最低限の遺産の取り分を確保できる制度)を行うかもしれない。
しかし、上記の契約により、遺留分減殺請求を回避することが可能となるため、直系血族以外に財産が渡らないよう防げるということだ。

 家族信託以外の方法としては遺言を利用する方法があるが、これも万全ではない。
 例えば、AさんがBさんに財産を相続させると遺言に残したとする。
その場合、以下のようなデメリットが発生する。
(1)遺言は一代限りにしか有効にならないため、Bさん死亡後、Cさんに財産を相続させることができない
(2)Bさんが財産を相続したあと、Cさんに同様に相続させる保証はなく、財産がBさんの妻に相続される可能性がある
(3)BさんがCさんに財産を相続させると遺言に残していたとしても、Bさんの妻には相続権があり、さらに遺留分減殺請求が行えるため、すべての財産をCさんに相続させることができない可能性がある。

 しかし、家族信託を利用した場合は財産を長男から次男へと直系血族のみ、自分の希望通りに渡すことができる。

【引用元】【人生100年時代 これから、どうする】自分の希望した家族に財産を渡すために 家族信託の活用法

バナースペース

※準備中※

お問合せ・ご相談・資料請求は無料です。

まずはお気軽にお問い合わせください。

TEL.

FAX.