ご家族を大切に思う方のための相続・生前対策サポート おまかせ安心相続・家族信託

当センターのこだわり我々が仕事に取り組むにあたって徹底していることが7つあります。

1.最新の知識を学び続けお客様に還元する

1番目は、常に相続・終活に関する最先端の知識を学び続け、最新の情報を基にサービスを提供するということです。せっかくの相続対策も最新の知識を基にしたものでなければご依頼人様やご家族が受けられるはずのメリットが活かせないことや、思いもかけない不利益を被ることがあります。当事務所では相続・家族信託・終活に関する国内の主要な団体のほとんどに加盟し、毎月、最新の相続・遺言・家族信託・終活について研鑽を重ねています。

2.受ける仕事の量を抑え丁寧な仕事をする

2番目は、1ヶ月に受任する案件数を8件までに制限させていただいているということです。これは、すべての案件を私自身が丁寧に対応するため、同時に多くの仕事を抱えると仕事の質が落ちてしまう恐れがあることと、最新の知識を学ぶ時間をしっかりと確保する必要があることによります。

3.地元密着

3番目は地元密着です。依頼があれば日本全国に出張対応しておられる先生もおられますが、当事務所では、特別な事情が無い限り横須賀市を中心に事務所から片道1時間以内で行ける範囲の案件しか受注していません。これは一件一件丁寧な仕事をするために必要なことですのでご理解ください。

4.ご依頼人様の話を最後までしっかり聞く

4番目は、終活、相続に関して、ご本人様の願いをしっかりと聞き、関係者の方々の状況をなるべく細かく把握、理解すること。これによって型どおりのヒアリングだけでは見落としがちな、ご家族の微妙な心のひだに気が付くことができ、円満な相続を実現することができます。

5.関係者の方々の気持ちを大切にする

5番目は、ご家族、関係者の気持ちを傷つけないよう最大限の配慮をすることです。人間は感情の生き物ですから、そうした配慮が十分でなかったがために、折角ご家族のためを思って相続対策をしたにも関わらず、家族の仲を悪くしてしまったという事もあります。配慮はとても大切です。

6.親の気持ちをしっかりと子供に伝える

6番目は親の想いをきちんと子供たちに伝えること。これが夫婦であれば、旦那様から奥様へ、奥様から旦那様へということになるのですが、本人同士では本当の気持ちが中々うまく伝えられないということが良くあります。我々相続の専門家は、専門知識に基づいた正しい手続きができるのは当然のこととして、そうした思いをきちんと伝えることができてこそプロであると考えています。